ITninoSchool/ITninoProject

〒188-0011

東京都西東京市田無町4-17-26 ​アップルハウス青山1F

TEL 042-430-5946 FAX 042-430-5946

Mail school@itnino.com

STEP2 ベジェ曲線に慣れよう

1. 新規ドキュメントを作成する

2. 直線を描いてみる

3. パスとアンカーポイントを覚えよう

​4. ジグザグ線を描いてみる

5.アンカーポイントを追加、削除してみる

6. 曲線を描いてみる

7. 選択ツールを覚えよう

8. 線を拡大、縮小、回転してみる

9. 直線を曲線にしてみる

 

レッスン動画

準備中

2. 直線を描いてみる

 

まずは、「ペンツール」を利用して直線をひいてみましょう。

ペンツールを選ぶ前に、画面上部にあるパネルで、ぬりと線の指定を確認します。

​もし下の図のようになっていない場合は、「v」をクリックし、黒を選択してください。

​上の図のようになっていない場合は、「v」をクリックし、黒を選択してください。

​詳しい説明は、「STEP3イラストを描いてみよう」で行いますので、今はとりあえず捜査してみましょう!

確認ができたら、実際にペンツールを選びます。

ペンツールはツールパネル内にありますので、クリックすると選べます。

しかし、illustratorはツールの変更が多いので、いちいちツールパネルから選んでいると時間のロスになりますので、ショートカットで覚えましょう。

ペンツールのショートカット:P

ペンツールに持ち替えたら、まずは直線を引いてみましょう。

 ①始点をクリック

 ②終点をクリック

 ③commandまたはCtrlボタンを押しながら何もない部分をクリック

3. パス、アンカーポイント、セグメントを覚えよう

 

illustratorで描く線を「パス」と呼びます。

パスには以下の要素があります。

 アンカーポイント:線を作るために指定する点

 セグメント   :アンカーポインとアンカーポイントを繋ぐ線

先ほど描いた線で説明すると以下のようになります。

illustratorは、アンカーポイントを指定しないと線(セグメント)は作れません。

後で紹介する「四角形ツール」なども、パスで作成されています。

パス、アンカーポイント、セグメントを押さえておかないと、後々つまづきますので、必ず押さえておいてください。

また、パス、アンカーポイント、セグメントを忘れたらこのSTEPに戻ってくるようにしましょう。

4. ジグザグ線を描いてみる

 

さて、パス、アンカーポイント、セグメントを理解したところで、次はジグザグに線を作ってみましょう。先のペンツール(P)ですが、アンカーポイントを指定するツールと覚えておきましょう。

先ほどは直線だったので2つしかアンカーポイントを指定しませんでしたが、今回は連続してアンカーポイントを指定し、ジグザグ線を作ります。

下の画像のように、ペンツール(P)で赤い矢印のところでクリックしながら、ジグザグ線を作成してください。

​書き終える場合は、commandまたはCtrlボタンを押しながら何もない部分をクリックです。

5.アンカーポイントの追加、削除してみる

 

続けて、最初に作った直線にアンカーポイントを追加してみましょう。

​まず、選択ツールに持ち替えて、最初に書いた直線をクリックします。

​選択ツールの詳細は後程説明します。

選択ツールのショートカット:V

最初に作成した直線が選択されたら、ペンツール(P)に変更します。

この状態で、最初の直線の上にマウスをもっていくと、ペンの横が「*」から「+」マークに変化し、アンカーポイントを追加することができます。

また、アンカーポイントの上にマウスをもっていくと、ペンの横が「-」マークに変更し、アンカーポイントを削除できます。

こちらの項目については、実際の動きを見たほうが早いので、動画を参照してください。

次のページ内容はこちら

1. 新規ドキュメントを作成する

2. 直線を描いてみる

3. パスとアンカーポイントを覚えよう

​4. ジグザグ線を描いてみる

5.アンカーポイントを追加、削除してみる

6. 曲線を描いてみる

7. 選択ツールを覚えよう

8. 線を拡大、縮小、回転してみる

9. 直線を曲線にしてみる