ITninoSchool/ITninoProject

〒188-0011

東京都西東京市田無町4-17-26 ​アップルハウス青山1F

TEL 042-430-5946 FAX 042-430-5946

Mail school@itnino.com

STEP2 ベジェ曲線に慣れよう

1. 新規ドキュメントを作成する

2. 直線を描いてみる

3. パスとアンカーポイントを覚えよう

​4. ジグザグ線を描いてみる

5.アンカーポイントを追加、削除してみる

6. 曲線を描いてみる

7. 選択ツールを覚えよう

8. 線を拡大、縮小、回転してみる

9. 直線を曲線にしてみる

 

レッスン動画

準備中

6. 曲線を描いてみる

 

今度は曲線を引きます。ペンツール(P)に持ち替えて、曲線を引いてみましょう

 ①始点をクリックし、そのまま曲線を引きたい方向にドラックする。

 ②アンカーポイントを打ちたいところをクリックし、そのままドラックをする。

 ③終了したい場合は、何もない部分でCntrl(まっくはcommond)ボタンを押しながらクリックをする。

曲線を引く際、直線を引くときには出てこなかった線がアンカーポイントから出てきたと思います。

​この線を、「ハンドル」と呼びます。このハンドルで、曲線の向きと角度を指定しています。

​角度が気に入らなかったり、うまくいかなかった場合は、あとからこのハンドルを操作すれば、思い通りの曲線を作成することができます。

7. 選択ツールを覚えよう

 

さて、illustratorには2種類の選択ツールがあります。

 選択ツール     :パス全体を選択するツール

 ダイレクト選択ツール:アンカーポイントとセグメント、ハンドルを選択するツール

​パス、アンカーポイントなどを忘れた人は、「3. パスとアンカーポイントを覚えよう」で復習しましょう!超重要なので、最初のうちに必ず押さえておいてください!

それでは、今まで書いた線を実際にそれぞれで選択してみましょう。

​選択ツール、ダイレクト選択ツールのショートカットは以下の通りです。

選択ツールのショートカット:V

​ダイレクト選択ツールのショートカット:A

まずは選択ツール(V)に持ち替え、それぞれの線をクリックしてみましょう。

​また、Shift(Macはoption)ボタンを押しながらクリックすると複数選択が可能です。

次に、ダイレクト選択ツール(A)に持ち替え、それぞれの線をクリックしてみましょう。

​選択ツールの時とは違い、アンカーポイントやパス、ハンドルが表示されるはずです。

 

8. 線を拡大、縮小、回転してみる

描いた線の移動や回転をしてみましょう。選択ツール(A)で移動したい線を選択すると、周りに枠(バウンティングボックス)と□マーク(ハンドル)が出てきます。

今回は移動させやすい、ジグザグ線を選択してください。

□マークをドラックすることで、図形の拡大、縮小ができます。

また、四隅の□マーク付近にカーソルをもっていくとカーソルが変化します。その状態でドラックすることで、図形の回転ができます。

このあたりについては、詳しくは動画を参照してください。

次に、ダイレクト選択ツール(A)でジグザグ線を選択してください。

今度は周りに枠線が出てきません。

​この状態で、アンカーポイントやセグメント、ハンドルを操作すると、選択したものだけを移動することができます。

このあたりについても、詳しくは動画を参照してください。

 

9. 直線を曲線にしてみる

最後に、直線を曲線にしてみましょう。アンカーポイントツールというものを利用します。

アンカーポイントツールはペンツールのパネルを長押しすることで表示されます。

アンカーポイントツールで曲線にしたい直線のアンカーポイントをクリックし、そのままドラッグします。すると、ハンドルが出てきて、直線が曲線になります。

また、アンカーポイントツールでハンドルをクリックすると、ハンドルが消え、曲線が直線になります。

illustratorで線を変更するには必ずアンカーポイントとハンドルを操作しなければいけません。

以下のことを覚えておいてください。

 ・ペンツール(P)でアンカーポイントの追加、削除

 ・アンカーポイントツールでハンドルの追加、削除

 ・ダイレクト選択ツールでアンカーポイントとハンドルの移動、変更

次のページ内容はこちら

1. 図形を描いてみる

2.オブジェクトの仕組みを覚えよう

​3. 色を塗ってみる

4. 線を設定してみる

5. 図形を拡大、縮小、回転してみる

​6. 保存してみる

7. 画像ファイルで書き出してみる

​8. いろんな効果を見てみる

​9. トリムマークを作成してみる