ITninoSchool/ITninoProject

〒188-0011

東京都西東京市田無町4-17-26 ​アップルハウス青山1F

TEL 042-430-5946 FAX 042-430-5946

Mail school@itnino.com

 

STEP3 イラストを描いてみよう

1. 図形を描いてみる

2.オブジェクトの仕組みを覚えよう

​3. 色を塗ってみる

4. 線を設定してみる

5. 図形を拡大、縮小、回転してみる

​6. 保存してみる

7. 画像ファイルで書き出してみる

​8. いろんな効果を見てみる

​9. トリムマークを作成してみる

レッスン動画

準備中

1. 図形を描いてみる

 

​まずは印刷領域を新規作成しましょう。今回はA4サイズで印刷領域を設定してください。

作成したら、図形を描きましょう。​ツールパネルに以下のように格納されています。

この中で、長方形ツールと楕円形ツールは非常によく使うので、ショートカットを覚えておきましょう。

​またこれらのツールをシェイプ作成ツール、併せて覚えておきましょう。

長方形ツールのショートカット:M

楕円形ツールのショートカット:L

長方形ツールで描き方を説明します。まずは長方形ツール(M)に持ち替えてください。

書き方には大きく分けて2通りあります。

 ①ドラックで描く方法

​ ②値を直接入れる方法

まずは「①ドラックで描く方法」で描いてみましょう。

手順は描きたい部分をクリックし、そのままドラックするだけです。

なお、Shiftキーを押しながらドラックすると、正方形を描けます。

また、Alt(Macはoption)キーを押しながらドラックすると、最初にクリックした点を中心に描画できます。

​何種類か書いてみてください。

次に「値を直接入れる方法」です。今度は描きたい部分を単純にクリックしてください。

​すると、入力ボックスるが表示されます。あとは値を入力しOKボタンをクリックすれば作成されます。

他のシェイプに関しても同じですので、いろいろ書いてみてください。

​動画のほうにほかの図形を描いてみてますので、そちらも併せて参照してください。

​2. オブジェクトの仕組みを覚えよう

 

今まで書いた図形や線、曲線ですが、まとめてオブジェクトと呼びます。

オブジェクトには塗りと線があります。

 ・塗りはセグメントで囲まれ他範囲を塗りつぶします。

 ・線はセグメントの設定を行います。

先ほど描いた図形で表すと以下のような感じです。

 

​3. 色を塗ってみる

それでは、描いた図形に色を塗りましょう。どの図形でもいいので、選択ツール(A)で選択してください。

選択したら、スウォッチパネルで、塗り(下図参照)を選択した状態で、黒を指定してみましょう。

選んだ図形が黒くなるはずです。

​なお、スウォッチパネルが表示されていない方は、画面上部の「ウィンドウ」>「スウォッチ」をクリックすると表示されます。

つぎに、スウォッチパネルで、線(下図参照)を選択した状態で、赤を選択してみましょう。すると、選んだ図形の外枠が赤くなったかと思います。

ここでスウォッチパネルについて少し説明します。

スウォッチパネルに用意されている色ほかに、RGBもしくはCMYKを指定した色の指定や、カラーピッカーでの指定ができます。​

​スウォッチパネルにある、「カラー」パネルをクリックするとRGBもしくはCMYKを指定した色の指定できます。Webサイト等によくカラー指定が載っていますので、こちらで入力すれば同じ色を再現することができます。

塗りやカラーの部分をダブルクリックすると、カラーピッカーで指定できます。

​こちらでもRGBもしくはCMYKを指定した色の指定ができるほか、カラーマップから色を選ぶことができます。​

 

4. 線を設定してみる

つづいて、線の設定を行います。線については、色だけではなく、線幅や角の形状などを指定することができます。こちらについては、詳しくは動画を参照してください。

次のページ内容はこちら

1. 図形を描いてみる

2.オブジェクトの仕組みを覚えよう

​3. 色を塗ってみる

4. 線を設定してみる

5. 図形を拡大、縮小、回転してみる

​6. 保存してみる

7. 画像ファイルで書き出してみる

​8. いろんな効果を見てみる

​9. トリムマークを作成してみる