ITninoSchool/ITninoProject

〒188-0011

東京都西東京市田無町4-17-26 ​アップルハウス青山1F

TEL 042-430-5946 FAX 042-430-5946

Mail school@itnino.com

 

STEP3 イラストを描いてみよう

1. 図形を描いてみる

2.オブジェクトの仕組みを覚えよう

​3. 色を塗ってみる

4. 線を設定してみる

5. 図形を拡大、縮小、回転してみる

​6. 保存してみる

7. 画像ファイルで書き出してみる

​8. いろんな効果を見てみる

​9. トリムマークを作成してみる

レッスン動画

準備中

​9. トリムマークを作成してみる

 

さいごに、トンボマークとガイドを作成してみます。オフセット印刷の場合、実際の仕上がりサイズより大きなサイズに印刷して、その後裁断します。その際に目安となるマークのことをトリムマークやトンボと呼びます。

​また、幅ぎりぎりまで印刷できるよう、印刷領域の外側に「裁ち落とし」という領域を設けます。

では実際にトリムマークを付けてみましょう。

まず、新規作成で大きな印刷領域を作成します。今回は仮に、1000mm四方の印刷領域を作成しましょう。

この印刷領域の中に、A4(210 x 297)サイズの枠を作ります。まずは、四角形ツール(M)で、210 x 297 の四角形を作りましょう。

作成出来たら、トリムマークを作成します。「オブジェクト」>「トリムマークを作成」をクリックします。

すると、トリムマークが自動で作成されます。このままでは移動できてしまうので、「オブジェクト」>「ロック」>「選択」でロックしておきましょう。なお、このロックもよく使うのでショートカットキーを覚えておくと便利です。

ロック:Ctrl(Macはcommand)キーを押しながら2

オフセット印刷の場合、トリムマーク(トンボ)が必要となります。また名刺やはがきの作成等にも便利なので、必ずやり方を覚えておきましょう。

次のページ内容はこちら

STEP4 レイヤーに慣れよう

1. レイヤーを新規作成、複製、削除してみる

2. レイヤーを理解する

​3. レイヤーを選択、階層の移動してみる

​4. レイヤーを非表示にしてみる

5. レイヤーをロックしてみる

6. レイヤーグループを作成してみる

7. レイヤーを結合してみる