ITninoSchool/ITninoProject

〒188-0011

東京都西東京市田無町4-17-26 ​アップルハウス青山1F

TEL 042-430-5946 FAX 042-430-5946

Mail school@itnino.com

STEP2 ベジェ曲線に慣れよう

1. 新規ドキュメントを作成する

2. 直線を描いてみる

3. パスとアンカーポイントを覚えよう

​4. ジグザグ線を描いてみる

5.アンカーポイントを追加、削除してみる

6. 曲線を描いてみる

7. 選択ツールを覚えよう

8. 線を拡大、縮小、回転してみる

9. 直線を曲線にしてみる

レッスン動画

準備中
 

1. 新規ドキュメントを作成する

 

まず、新規ドキュメントの作成方法です。

​「ファイル」メニュー>「新規」の順にクリックします。

新規ドキュメントのダイアログボックスが表示されます。

​最近利用した項目や、よく使う項目がまとめられています。

試しに、WebのWeb(大判)をクリックしてください。

プリセットの詳細が変更されます。

プリセットの詳細は、自分で入力することもできます。

​各項目の説明は以下の通りです。

「プリセットの詳細」

 :作成するドキュメントの名前です。

「幅」「高さ」「方向」「アートボード」

 :印刷が可能な範囲(アートボード)を指定します。単位はWeb用の場合はピクセル、印刷用の場合は「ミリメートル」を選びましょう。

「裁ち落とし」

​ :印刷する際に必要な余白です。特に指定がなければ、初期値(3mm)でよいでしょう。なお、Web用には必要ありません。

「詳細オプション」

 :詳細を指定できます。最初は、「カラーモード」だけ意識してください。Web用の場合は「RGB」印刷用の場合は「CMYK」を基本的には指定しましょう。

ポイント

Web用に作成する場合と、印刷用に作成する場合で設定内容が若干異なります。

Web用に作成する場合は、ディスプレイに表示することが前提となります。

ディスプレイの単位は「ピクセル」、ディスプレイのカラーは「RGB」で表現されています。

印刷用の場合は、紙に印刷することが前提となります。

そのため、裁ち落としの設定やトンボの設定が必要となってきます。

また、単位は「ミリメートル」、印刷する際のカラーは「CMYK」で表現されています。

今回は「web」(1280x1024px)を選択し、「プリセットの詳細」を「ジグザグ線」と入力したら、作成ボタンをクリックしてください。

「ジグザグ線」という名前の新規ドキュメントが作成されます。

 ※なお、ワークスペース「プリントと校正」で作業していきます。

次のページ内容はこちら

1. 新規ドキュメントを作成する

2. 直線を描いてみる

3. パスとアンカーポイントを覚えよう

​4. ジグザグ線を描いてみる

5.アンカーポイントを追加、削除してみる

6. 曲線を描いてみる

7. 選択ツールを覚えよう

8. 線を拡大、縮小、回転してみる

9. 直線を曲線にしてみる